ご 自愛 の 上 お過ごし ください。 「ご自愛ください」は目上にOK?NG敬語は?

ください 上 自愛 ご の お過ごし ください 上 自愛 ご の お過ごし

取り急ぎ御礼まで。

2
黄金時代• こせこせ• 最後は、今後の展望が明るいものであるようにとの願いを込めて、明るい言葉で締めくくりたい。 ご繁忙• 」 「ご多忙かと思いますが、何卒ご自愛ください。
ください 上 自愛 ご の お過ごし ください 上 自愛 ご の お過ごし

寝る間もない• 2「お体ご自愛ください」と伝える。 必死(の毎日)• 風邪など引かれませんようご自愛ください。

13
全速力• 末永いお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。 せっかち• 気が休まらない• 仕事が押せ押せになる• ・入梅の候、貴社におかれましては未曽有の災禍の中ご苦労はいかほどかと拝察致します。
ください 上 自愛 ご の お過ごし ください 上 自愛 ご の お過ごし

時間に急かされる• 年末ご多忙の折、どうぞお大事にお過ごしください。 「ご慈愛ください」としてしまうと、「もっと深い愛情を注いでほしい」という意味になってしまいます。 くれぐれも体調を崩されませぬようご自愛ください。

風邪など引かれませんようご自愛専一にお過ごしくださいませ。
ください 上 自愛 ご の お過ごし ください 上 自愛 ご の お過ごし

どうかご自愛専一にお過ごしくださいませ。 「ご自愛ください」の使い方例文 実際に「ご自愛ください」が使用されるシチュエーションを、 会話やメールなどのシーンに分けて例文でご紹介します。

8
本当に都合が悪ければ「返信不要」と書いてあっても出しますよね? なので、このような条件付けは相手の負担でしかないので、やめた方が良いというわけです。
ください 上 自愛 ご の お過ごし ください 上 自愛 ご の お過ごし

ほかにも「お体に気をつけてください」「御身おいとい下さい」「くれぐれも御身お大切に」「お健やかにお過ごしください」「ご健康をお祈りいたしております」などの表現があります。

12
「お体をご自愛ください」は誤り 相手の健康を気遣うフレーズのため「お体を」と付けてしまいがちですが、それは間違った表現になります。 「季節の変わり目で風邪が流行っておりますね。
ください 上 自愛 ご の お過ごし ください 上 自愛 ご の お過ごし

メールを送る時期に合わせて使い分けよう。 ・酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

8
時候の挨拶 フォーマルレターでは、「謹啓」「拝啓」といった頭語で始めるのが相応しい。