ほ うまい ろう 鳳 舞 楼 から し そば。 蕎麦の実よしむら|京都 烏丸五条 手打ち蕎麦

そば ほ し うまい から 鳳 ろう 楼 舞 そば ほ し うまい から 鳳 ろう 楼 舞

作者は慶滋保胤。 カラシの辛さが主張しすぎない、非常にバランスの良いカラシソバです。

11
前句は『南斉書』后妃伝、斉武帝が景陽楼の上に鐘を置き、宮人は鐘の声を聞いて早起きしたとの故事、後句は『史記列伝』、孟嘗君が食客に鶏の鳴き声を真似させて無事函谷関を通過したとの故事に由る。
そば ほ し うまい から 鳳 ろう 楼 舞 そば ほ し うまい から 鳳 ろう 楼 舞

コチラは「小籠包」(230円)。 特に鳳舞ファンのお客さんが喜ぶのが2階席。

3
【付記】題も作者も知れない。 これを京都の白味噌と、チーズなどを合わせたタレに浸けて頂きます。
そば ほ し うまい から 鳳 ろう 楼 舞 そば ほ し うまい から 鳳 ろう 楼 舞

名店の「最後の弟子」、鳳舞で働いてはった方が開いたお店というのが売り文句ですね。 朝には南風が吹き、夕には北風が吹くようになり、鄭太尉の舟を進める谷風は遍く人に知られるようになった。 店頭には「安い!旨い!腹いっぱい!当店名物 肉やきめし」と書かれています。

原典は公乗億の「長安八月十五夜賦」。
そば ほ し うまい から 鳳 ろう 楼 舞 そば ほ し うまい から 鳳 ろう 楼 舞

老いた菊、衰えた藤袴、それら二三の叢。 作者は賈島という。 めでたい名の宮殿・宮門に寄せ、天子の長寿を 言祝 ことほいだ詩句である。

15
白氏が河南府に赴任していた時、府西池に春の訪れた景を詠んだ詩の頷聯。
そば ほ し うまい から 鳳 ろう 楼 舞 そば ほ し うまい から 鳳 ろう 楼 舞

作者は紫式部の父藤原為時か。 「できたて食べて!」とすすめていただきましたが、 これが最っ高に美味しい!!! しっかりと衣がついていたのだけどそれが噛んでみるとさっくり!なのに鶏肉は弾力ありなのに柔らかくて鶏肉の味がダイレクトにやってきます。

6
かつて隠士が住んだ山には主が不在で、ただ夕暮の雲がひとり漂う。 『本朝文粋』巻八に収載、「早春賦春生逐地形詩序」。
そば ほ し うまい から 鳳 ろう 楼 舞 そば ほ し うまい から 鳳 ろう 楼 舞

夏に黄白色の花をつける。 花は落ちて風のまにまに散り、鳥は雲に入って姿を消してしまう。

【付記】一年の最後の花としての菊に対する愛着を詠む。