トウカイテイオー。 トウカイテイオー後継種牡馬プロジェクト・クワイトファイン種牡馬入りへの道

トウカイテイオー トウカイテイオー

結果的に現役最後のレースとなった1993年の有馬記念では、騎乗依頼を受ける前から「ずっと調教を見ているが、トウカイテイオーは必ず走る。

6
担当と息がぴったりのクワイトファイン 正直なところ、 クワイトファインは地方競馬の条件戦を勝っただけであり「他にも後継にふさわしい馬はいたであろう」というご意見もあると思います。
トウカイテイオー トウカイテイオー

このような血統の寡占化は、わが国ではこの30年たらずの間で急速に進みました。 競馬の世界でも、父を越えるということがキーポイントになる場合がある。 師も「」といった感じで、万全ではなかった。

19
現時点で考えられるアクシデントと対応策については以下の通りとなっておりますので、ご熟読の上、クラウドファンディングへの参加をご検討いただけますと何よりです。
トウカイテイオー トウカイテイオー

それは、ジャパンカップ史上初となる「親子制覇」を成し遂げた瞬間だった。 ゲームでの能力 は開始前のため、はありません。 イケメンや貴公子と呼ばれたトウカイテイオーの半生を、 血統面から、無敗で制した日本ダービーや奇跡の復活を遂げた有馬記念、引退後まで様子をまとめてみました。

2
容姿 [ ] トウカイテイオーは容姿の面でも高い評価を受けた。 現在までに、 8枠の馬のダービー馬はトウカイテイオーを含めて4頭しかいません。
トウカイテイオー トウカイテイオー

4倍だった。

15
単勝2. 後方につけて徐々に加速、は終盤が先に抜け出す。 5倍と非常に低くなった。
トウカイテイオー トウカイテイオー

3、4コーナーでトウカイテイオーは 5番手まで位置を上げ、迎えた直線。

10
作家の木村幸治はルドルフの時代からの競馬ファンの変容を指摘し「『強すぎて完璧すぎて』嫌われたルドルフの子を、構わず支持するファンのパワーを目の当たりにすると、ノスタルジーや物語性をも構わず『強いものは強い』と豪語する新世代競馬ファンの著しい台頭があったと思われる」と述べている。
トウカイテイオー トウカイテイオー

スタート直後はスローな流れに引っ掛かってしまい 安田の手を焼かせたものの、2コーナー付近から先団を追走し、4コーナー手前で先頭を伺い、直線に入ると抜け出し、2着のアサキチに2馬身差で勝利を収めた。

19
そして競馬ゲーム「 ウイニングポスト8」で クワイトファインが一般ファンからの公募により種牡馬として登場、 スーパーホース・リバイバルブームの父として登場している姿を見て、現実の世界でも僅かな可能性に賭けてみたいという気持ちが強くなったのも事実です。