下į—ĸ ツボ。 下į—ĸãĢ劚くツボīŊœæ‰‹čļŗã‚„ãŠč…šãŽãƒ„ãƒœã¯īŧŸåŗ劚性はīŧŸã‚šãƒˆãƒŦã‚šãĢ劚果įš„īŧ

ツボ 下į—ĸ ツボ 下į—ĸ

マッã‚ĩãƒŧジボãƒŧãƒĢやゴãƒĢフボãƒŧãƒĢをäŊŋãŖãĻ、čģĸがしãĻåˆēæŋ€ã‚’与えるぎもおすすめです。

13
åˆč°ˇīŧˆã”うこくīŧ‰ åˆč°ˇã¯æ‰‹ãŽį”˛ãŽčĻĒ指とäēēåˇŽã—æŒ‡ãŽé–“ãĢäŊįŊŽã™ã‚‹ãƒ„ボです。 こぎäēŒã¤ãŽãƒ„ボはįĩļ寞åŋ˜ã‚ŒãĒいようãĢ、č„ŗãŋそãĢåˆģãŋčžŧんでおかãĒããĄã‚ƒ! ä¸Ąæ‰‹ã‚’č…°ãĢあãĻãĻã€ä¸ĄčĻĒ指で上から下ãĢæŠŧしãĒがら゚ナイドさせãĻãŋぞしょう。
ツボ 下į—ĸ ツボ 下į—ĸ

グãƒŧãŖとæŠŧしたら攞しãĻというãƒĒã‚ēムで数分æŠŧしãĻãŋることで劚果がありぞす。 čŊãĄį€ã„ãĻäģ–ãŽã“ã¨ã‚’č€ƒãˆãĻãŋるようãĢしぞしょう。

3
ã€Œåˆč°ˇã€ãƒģãƒģ手ぎčĻĒæŒ‡ã¨ã˛ã¨ã•ã—æŒ‡ãŽã¤ã‘æ šãŽéĒ¨ãŒäē¤ã‚ã‚‹įŽ‡æ‰€ã§ã‚„ã‚„äēēåˇŽã—æŒ‡ãĢäŊįŊŽã—ãĻるツボです。
ツボ 下į—ĸ ツボ 下į—ĸ

čĻĒ指とäēēåˇŽã—æŒ‡ãŽé–“ã‚’ãĒぞると、éĒ¨ãŒåˆ†ã‹ã‚ŒãĻいる部分がčĻ‹ã¤ã‹ã‚Šã€ããŽã‚ãŸã‚ŠãŒåˆč°ˇã¨ãĒãŖãĻいぞす。 æŦĄãĢã‚Ģイロです。

ãĒぜãĒã‚‰ãŠč…šãŽį—›ãŋãŽå¤šãã¯å†ˇãˆãŒåŽŸå› ã ã‹ã‚‰ã§ã™ã€‚
ツボ 下į—ĸ ツボ 下į—ĸ

æ‰‹ãŽã˛ã‚‰ã‚’čĄ¨ãĢしたįŠļ態で、反寞ぎ手を手éĻ–ãĢåŊ“ãĻると、äēēåˇŽã—æŒ‡ãŽã‚ãŸã‚ŠãŒé–“äŊŋãĢãĒりぞす。 三間īŧˆã•ã‚“かんīŧ‰ 下į—ĸæ­ĸめだけでãĒく、į›ŽãŽį—›ãŋや頭į—›ãĢ劚果があるツボです。

12
一時しぎぎãĢãĒãŖãĻしぞいぞすが、とりあえずはこぎ場を䚗り切ãŖãĻ垌でį—…é™ĸãĢ行ãŖãĻč¨ēãĻもらうようãĢしぞす。
ツボ 下į—ĸ ツボ 下į—ĸ

「下į—ĸį‚šã€ãƒģãƒģ手ぎį”˛ãĢあるツボで中指とč–Ŧ指ぎつけ栚ぎéĒ¨ãŒäē¤ã‚ã‚‹įŽ‡æ‰€ã€ã‚„ã‚„čĻĒ指側で中夎ãĢäŊįŊŽã—ãĻるツボです。

19
ä¸‹č…šéƒ¨åˆ†ã€ãĄã‚‡ã†ãŠãŠã¸ãã‹ã‚‰æŒ‡īŧ”æœŦくらい下ぎあたりãĢありぞす。 čļŗčŖãŽãƒ„ボ äžŋį§˜ã¨åŒã˜ã‚ˆã†ãĢčƒƒã‚„č…¸ã¨ã„ãŖた排æŗ„ãĢé–ĸäŋ‚する器厘ぎ反射åŒēは、 严čļŗãŽåœŸč¸ãžãšãŽå‘¨čžēãĢ集中しãĻいぞす。
ツボ 下į—ĸ ツボ 下į—ĸ

æ‰‹ä¸‰é‡Œã¯å‰č…•ãĢã‚ã‚‹ãƒ„ãƒœã§ã€ã€Œč‚˜ã‹ã‚‰æŒ‡3æœŦ分é›ĸれた部分」ãĢありぞす。 ä¸­č„˜ã¯ãŠč…šãĢある「おへそから指5æœŦ分上ぎ部分」です。

6
手ぎį”˛ãŽäēēåˇŽã—æŒ‡ãŽã¤ã‘æ šãŽã‚„ã‚„ä¸‹ãŽčĻĒ指側をč§Ļると、ãŧこãŖと凚んだ部分がありぞす。 ãĢよると ã€Œå¤§åĄščŖŊč–Ŧぎį ”įŠļå“ĄãŒå‡ēåŧĩä¸­ãŽãƒĄã‚­ã‚ˇã‚ŗでæŋ€ã—い下į—ĸãĢčĨ˛ã‚ã‚Œã€č„ąæ°´į—‡įŠļãĢé™Ĩりぞした。