農水省 youtube。 霞が関初「官僚系YouTuber」誕生。農水省のSNS発信プロジェクト

Youtube 農水省 Youtube 農水省

彼らはある意味現場で頑張って、日々の農作業、それから漁業、林業に勤しんでいる方々と同じ思いを持っている人たちだと思っています。

食をひとつずつ追っていくと、そこから垣間見える文化や流行、人々の思いなど、様々なストーリーを感じます。 「通常は粛々と施策の情報を発信していますが、今は新型コロナウイルスの影響で状況が状況だけに、どうにか皆さんに消費してほしいと思っておりますので、ネット上の動向を見つつそれに合わせて発信しています。
Youtube 農水省 Youtube 農水省

「来客の減ったレストランを救済するため」「観光激減で生産者さんを支援するため」の食材など、多くの人が食を通じて誰かを応援することができると気が付いた。 それらを知ることは、現場のニーズを汲み取り、時代の変化を見通すとても大事なことだと思うんです。

4
説明的な部分は野田さん、ギャグ部分は白石で分担しています。
Youtube 農水省 Youtube 農水省

まとめ 農林水産省がYouTubeチャンネル『BUZZ MAFF』を開設されました。 花の購入を推進するお知らせ動画【BUZZMAFF】 九州農政局ユーチューバーの動画が面白い! 棒読みで『花いっぱいプロジェクト』について説明しはじめ 花が増えた!? また花が増えた!? 頭にも乗せた!? 表情が硬いまま終了w. 給食休止で在庫が増えた食品の販路拡大を目的に、「食べて応援学校給食キャンペーン」の特設通販サイトがオープンした。 実現を楽しみに待ちたい。

13
女性を応援してくれる投稿もたくさん見られるようになったからこそ、私自身も背中を押されることがあります。 かと思いきやおいしそうな農林水産物を食べている新たな飯テロ動画です。
Youtube 農水省 Youtube 農水省

人気動画の再生回数は約70万回に迫り、チャンネル登録数は2万を超え、「人気にあやかりたい」と他省庁や全国の自治体から問い合わせが相次いでいる。

15
そのきっかけを作ったユーザーの1人の投稿を農水省も4日、「牛乳料理をしながら歴史のお勉強もいいですね」と引用すると、約4000回RTされた。
Youtube 農水省 Youtube 農水省

東北の農林水産物を使ってラーメンを作っていきます。 それが今ネットで拡散されるようになってきている」と月岡氏は話す。 つまり農林水産省が職員をユーチューバーに異動させたわけではなく、職員自らの意思を尊重し選ばれた方々が『BUZZ MAFF』というわけなのです。

これは、意識を変えなければなかなか難しいものです。 ちなみに、チャンネル名である『BUZZ MAFF』の『BUZZ』はネット上で話題になるという意味の『バズる』から、『MAFF』は農林水産省の英語名『Ministry of Agriculture, Forestry, and Fisheries』の頭文字から取ったものが由来となっています。
Youtube 農水省 Youtube 農水省

折しも新型コロナウイルスの感染拡大で、政策発信の場としたところ人気に火が付いた。 発信予定番組の中には「日本茶チャンネル」などインバウンドの訪日外国人にも役立つ情報もあり、これからの展開が期待される。

8
後ろには職員のみなさんが、作物や魚などを持って盛り上げています。 大臣会見を宮崎弁でアフレコ、需要が落ち込んだ花や牛乳の消費拡大を、ボケとツッコミの若手芸人と見まがうコンビが呼びかけるなど「役人がここまでやるのか」といった新作を連日公開。
Youtube 農水省 Youtube 農水省

わたしも改めて気づかされました。 社会全体での女性農業者の存在感を高め、意識の改革を促すとともに、若い女性の職業の選択肢に「農業」を加えることを目標としています。 食べることで生産者、調理人、配達する人、店員さんなど食に関わる様々な人たちを応援できる。

花、牛乳、給食などの消費促進 2020年3月に入り、農水省の発信が活発だ。 以前、食育基本法の策定に携わる業務をしていたのですが、その考え方として食育は3つの柱から成り立っていると説明されていました。
Youtube 農水省 Youtube 農水省

一方で、単純に施策情報だけを発信しても、なかなか興味をもって見てもらえません。 ぜひチェックしてみてください。

3
現在発信されている番組(一部) 現在発信されている番組は、「さつまいも大好きチャンネル」「東北の食材だけで創ってみた!!」「仕事帰りに、公園で、一人ピクニック」など。 「タガヤセキュウシュウ」も「TASOGARE」も、単なる役所の公式発表を補って余りある効果を上げている。