森 蘭丸。 森蘭丸|MOVIE WALKER PRESS

蘭丸 森 蘭丸 森

そのため蘭丸は、信長の部屋に戻って残りの爪を探したのです。 森可成や、小姓として有名な森蘭丸もこの時代の人物でした。

1
「信長様にお引き立ていただきました大恩は、忘れがたく、このようなことで謀反をたくらみはいたしませんが、天下人たるお方がこのようなことをしてはいけません。 その3つの宝とは• そのため小姓は、幅広い知識や武芸を身につけていたのです。
蘭丸 森 蘭丸 森

蘭丸は信長の言葉通り、部屋の真ん中で台ごとひっくり返って転倒してしまいました。 森蘭丸には聡明さが備わっており、忠義を尽くす性格だったため、惚れ込んだ織田信長が森蘭丸と男色関係を持ったとされる話は有名です。

細やかな気配りですね。 揺れがおさまったあと、蘭丸は信長を強くいさめました。
蘭丸 森 蘭丸 森

「森蘭丸」、またの名を「森成利(もり なりとし)」。 信長に残り一つの爪がどこにあるか知らないかと尋ねると、信長の袖に、最後の爪がのっていました。

11
このように信長や成利の最期も諸説が入り乱れており、確たる事実は明らかになってはいない。 『』(大河ドラマ/1973年)• 隣国美濃出身である。
蘭丸 森 蘭丸 森

それは、本能寺の変の一ヶ月前の出来事でした。 お互いの考えていることが手に取るように分かる、ツーカーの中であったと考えると微笑ましいですね。

なぜかと信長に尋ねられると蘭丸は、 「 すでに数を知っていますので」 と答えました。
蘭丸 森 蘭丸 森

一説では、信長から寵愛を受け、としての関係があったともいわれている。 この時、忠政は12歳。

この頃、織田軍の勢威が増し始め、森蘭丸の仕事も忙しかったとされ、森蘭丸は奏者として諸将への「武家伝奏」という、武家の要請を朝廷に伝える役目を担当していました。
蘭丸 森 蘭丸 森

これが実は本能寺の変から3ヵ月前のことであり、森忠政は奇跡的に本能寺の変を回避できたのです。 いかなるものの企てぞ」と問う信長に、蘭丸はさっと駆け寄り「明智の者と見受けます」と答えます。 しかし、森蘭丸を見込んだ上杉謙信がそれを諫めました。

14
然し反抗するおたきを見ると、彼は何事もなく手をひいた。