森 辞任。 森会長の辞任を求められた菅首相、ヤジが飛び交った答弁

辞任 森 辞任 森

12日は組織委員会の理事と評議員による緊急の会合が開かれ、この中で森会長があいさつし「きょうをもちまして会長を辞任いたそうと思っています。 小林氏は「無観客開催など多くの変更が想定される中、都道府県から海外も含む関係機関の間に入って調整し、決断を下せる人はそうそういない。 関係者によると、アスリートを含む選考委員会で議論するなど、透明性を高める方向で調整しているという。

ただ、これに「後継指名」「院政」などの批判の声が広がり、この日、橋本聖子五輪相は後任について「組織委がしっかりとした手続きを踏んで決められていくので、しっかり注視していきたい」、組織委の武藤事務総長も「全く何も決まっていない」と態度を硬化させていた。
辞任 森 辞任 森

筆者の主張のポイントは2つ。

18
居並ぶ政治家たち 筆者は上記3人の誰かで決まると考えていますが、一応大穴についても考えていきましょう。 さらに春までには観客の数や海外からの受け入れをどうするか決めるという重大な局面を迎えます。
辞任 森 辞任 森

後任には、森氏が前日に会談し、会長就任を打診した日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏(84)が確実となっていたが、大会委関係者によるとこの動きを政府が問題視。 必要なのは、国際的な知名度・パイプと、国内における影響力と、それ以外のストーリー性です。 一夜明けて、「五輪・パラの精神に反する不適切な表現だった。

6
また、東京五輪は延期もあって財政が厳しく、赤字の場合の国家補償という課題がありますが、この点においても現職の財務大臣が就任することはIOCは歓迎するでしょう。
辞任 森 辞任 森

もちろん筆頭は、女性蔑視発言で国内外から批判されている、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長、御歳83歳。 菅義偉首相は8日、発言について「国益にとって芳しいものではない」と述べ、国際オリンピック委員会(IOC)も9日、「発言は極めて不適切」と改めてコメントを出していた。 サッカー業界では知名度のある川淵氏ですが、今では誰もが知るサッカー女子日本代表の愛称「なでしこJAPAN」の名付け親でもあることや、政治家出身ではなくあくまでスポーツ界の代表ということを考えれば、女性差別的発言による森会長の辞任の後継としては安定感がある印象も持たれるかもしれません。

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が辞任する意向を固め、後任として日本サッカー協会(JFA)相談役の川淵三郎氏(84)を起用の最終調整に入っていることに11日、街の人からは厳しい声が上がった。
辞任 森 辞任 森

「このダイバーシティ、男女平等は世界標準でいうとそれに理解を示さなかった人はその舞台から退場していただくっていうのが現在のスタンダード」とした上で、「この世界大会はダイバーシティや男女平等を重視する精神性の高い大会だったと考えると、外圧に屈したような形になっていますけど、自然な流れだったのではかなと思う」と述べた。 この点、ストーリー性も高いと言えるでしょう。 川淵氏は森会長が辞任にあたって涙を流したという話を聞いて、「もらい泣きしちゃって。

安倍晋三前首相が、森氏の意向に従う場面も多かった。 アスリートや大会スポンサーなどから批判や辞任を求める声が上がり、聖火ランナーやボランティアに辞退者も出るなど影響が広がっている。
辞任 森 辞任 森

そして、国内におけるスポーツ業界の利権がひとえに森喜朗氏に集まっていることも事実であり、東京五輪招致決定後の6人の文部科学大臣のうち、実に5人が森派(清和政策研究会、今の細田派)から選ばれていることもその証左です。 東京五輪2020 コロナ禍も古希が舞う還暦が跳ぶ レジェンドの思い []• 女性がいま5人か。 森氏は関係者に辞任したいとの意向を伝達。

7
なかなか止まらなかった」と話した。
辞任 森 辞任 森

しかし、謝罪の中にも開き直ったやりとりが散見され、異論を許さない森会長の体質がにじみ出す場面も。 大会関係者によると、実は組織委をまとめるのも至難の業だという。

8
国内での影響力も問題は無いはずです。
辞任 森 辞任 森

川淵氏は前日11日、会談後に自宅前で取材に応じ、「人生最後の大役」と受諾する意向を示し、森会長を相談役に据える方針を明かしていた。 利害関係の調整が難しく、元首相で自民党の重鎮の森氏だからうまく回すことができた」とした。 枝野氏は森氏の発言が「世界に報道され、伝えられているんです。

2
五輪を開催するための準備に私がいることが妨げであってはならない」と、述べた。
辞任 森 辞任 森

そんなこともあります。

一時期は乗り切れるとみられていましたが、IOCが当初「この問題はケース・クローズド(もう終わり)だ」とコメントしたにもかかわらず、数日でと述べたほか、日本時間今日明け方には、IOCを支える巨大スポンサーで、米国における五輪放映権を持つNBCが「」(森喜朗東京組織委員長は、大坂なおみ氏らから性差別だと非難を浴びた。 弁護士の八代英輝氏(56)が11日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。