応仁 の 乱。 日本史上最大の戦乱といえば応仁の乱…

乱 応仁 の 乱 応仁 の

編、1994、『福井県史 通史編2 中世』、福井県• これが文正 ぶんしょう の政変とよばれる事件で、義政の側近政治は崩壊し、幕閣は勝元、持豊が激しく対立抗争する主導権争いの場と化した。

12
戦乱の時代だったことが伺えるエピソードですね。
乱 応仁 の 乱 応仁 の

彼らは異形の装いをし、市街の放火や略奪を頻繁に行った。

寛正6年(1465年)、義政と富子との間に(後に義煕と改名)が誕生する。 義政も義視を賊だとみなし、攻撃するように命じるようになるのです。
乱 応仁 の 乱 応仁 の

赤松政則は和睦に反対したが、文明9年の終戦で3ヶ国守護と頭人の地位を保証され赤松氏の再興を果たし、側近の浦上則宗も侍所所司代として赤松氏の重臣に成り上がった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• またこの年5月、失脚していた赤松政則が勝元の支援を受けて旧領播磨を山名氏から奪い返します。

19
さらに上洛していた守護大名の領国にまで戦乱が拡大し、諸大名は京都での戦いに専念できなくなった。
乱 応仁 の 乱 応仁 の

この畠山氏の内紛に対し、 、 、そして畠山氏被官の多くが、勝元と宗全の下に逃れた畠山弥三郎・兄弟を支持し、に弥三郎派が持国の屋敷を襲撃した。

6
地方では関東の幕府離脱、戦乱長期化や、国人 こくじん 層による幕府直轄領、五山禅院領を含む荘園 しょうえん 押領が相次ぎ、幕府の財政基盤も不安定の度を加えていったのである。
乱 応仁 の 乱 応仁 の

当初は 義視には細川勝元が、 義尚には山名宗全がついて戦闘が始まりました。

文明3年(1471年)には斯波義廉の重臣で西軍主力の一角でもあった、が調略によって西軍から東軍に鞍替えし、これにより形成は再び東軍有利に転じた。
乱 応仁 の 乱 応仁 の

最後は富子が朝廷に働きかけ、政弘の領国と官職をそのままにし、生きて帰ることを許可します。 義尚は出生当時から「世嗣」として扱われていたが、義視の後継者待遇も変わらずに順調に昇進を続けており、20歳以上離れた義尚後継までの中継ぎとして扱われていた。

17
例えて言うなら「関ヶ原の戦い」で、東軍の総大将「徳川家康」が、東軍の武将たちを残して西軍「石田三成」に降伏してしまうようなもの。 山名方は斯波義廉(管領)の管領下知状により指令を行っていた。