机上 の 空論。 短篇小説「机の上の空論城」|井上智公|note

空論 机上 の 空論 机上 の

あわせて、英語ではどのように表現されるのか解説します。 つまり、いったんその計画を完遂した際にも当てはまる表現です。

2
理論を組み立てたり計画を検討したりする場所は、机の上であって食卓の上ではありません。 「すでにできあがったもの」に対しても使われるという点において、机上の空論と異なります。
空論 机上 の 空論 机上 の

大御所に限って、案外タイプであったりもするようだ。 これにはさすがに難儀した。 それと同時に、ずっとふわふわとした浮遊感の消えなかった「空論城」全体が大きな音を立て、ようやく確かな地面に着地したような安心感がもたらされた。

17
誇張し過ぎていて、現実にはありえない大袈裟なこと」 「机上の空論」は「頭の中だけで考えられた、実際には役に立っていない理論や計画」 このように、「絵空事」と「机上の空論」では意味が異なります。 七階に待つ「大物司会の騎士」は次々と上から気味に話題を振ってくるため答えるのに苦労したが、逆に質問に質問で返してみると、彼にはたいして面白い答えを言うスキルもなくあっさりと崩れ去った。
空論 机上 の 空論 机上 の

だが、どこを見てもそんな物は発見できない。 … 橋本治『宗教なんかこわくない!』 より引用• 私はいったん冷静さを取り戻すため、自らの足下を見つめ直した。

彼の音楽は、明確な観念的諸「動機」の果てしない戦いという「行為」になった。 しかし私はまだ、いま一度自らの足下を見つめ直す冷静さを、かろうじて保持していた。
空論 机上 の 空論 机上 の

そして自分のいま立っている場所が、他でもない「空論城」であるという事実を思い出した。 知識として知っていることと実際にやれることは別もので、実践の重要性を指摘している言葉です。 主に、理想ばっかりで現実を見ていない人に対して『君の考えは綺麗事である!』という意味合いで使います。

… 赤瀬川原平『優柔不断術』 より引用• 私が小学校に入学した際に両親に買い与えてもらったものだ。
空論 机上 の 空論 机上 の

言い換えると、それを私達が机として使っているかどうかということが、それが机であるかどうかということに直結している。

10
ムダな努力だと思うのである。
空論 机上 の 空論 机上 の

結局のところ、当時の技術では、戦闘機の護衛なしで活動できる爆撃機は実現不可能で、机上の空論に過ぎなかったと思われる。 なお、「絵に描いた餅のようなものだ」とは言いますが、「絵に描いたような餅だ」とは使わない点に注意が必要です。 ところが、机に向かって打ち出した企画は、筋道が立っているように見えて、実現する可能性が低いものになるケースも少なくありません。

17
だから、〝悟り〟ということをいたって簡単な言葉で言ってしまえば、それは、〝なんのてらいもなく自分の中に自信を感じていられる状態〟なのだ。 私は「空論城」へ乗り込む前に、ポケットからネタ帳を取り出すと、モンスターに浴びせるべき言葉を改めて確認する作業に入った。
空論 机上 の 空論 机上 の

昇りきってみると巨大な勉強机のような、ウッディなフロアが眼前に広がった。 思想的に取り込まれた人間は、やがてその姿までもがモンスター化していった。 「絵に描いた餅」は、対象が実益を伴うべきものでありながら、実際には役に立たないということをいっています。

19
では、今度はみなさんの家にある机を観察してほしい。